催し物案内

【自主事業】こまつ座「父と暮せば」

2021年3月23日公開

終戦から3年後の広島を舞台に
父と娘が織りなす命の会話
 
      作  / 井上ひさし
     演 出 / 鵜山 仁
     出 演 / 山崎 一
           伊勢 佳世
 
舞台は、原爆投下から三年後の広島。
図書館で働くひとり暮らしの福吉美津江のもとへ、
父・竹造があらわれる。
竹造は、美津江がほのかに抱いた恋を実らせようとして、
美津江の「恋の応援団長」としてあらわれたのだという。
「うちはしあわせになってはいけんのじゃ」
と父の言葉を拒絶する美津江と、
娘のかたくなな心を解き放とうとする竹造。
生き地獄のヒロシマを舞台に繰り広げられる
父と娘の優しくも壮絶な命の会話を通して、
平和の尊さを後世に語り継ぐ「こまつ座」渾身の作品。
 

----------
新型コロナウイルス対策のため、下記をご確認ください。
前後左右を空けた座席配置となっております。
・マスクの着用、咳エチケットの徹底をお願いします。
・ご来場者の把握のため氏名および緊急連絡先をご提出いただきます。
   ご来場者から感染が確認された場合には、提出いただいた情報を保健所等の公的機関への提供が必要となりますことをご了承ください。
・入場時に検温を実施します。
   37.5度以上の発熱がある場合や、喉や咽頭痛などの症状がある方、体調不良の方はご入場をお断りし、チケットの払い戻しを行います。
・感染拡大の状況により、公演が延期または中止となる場合があります。

----------
チケット購入
◆一関文化センター・インターネット予約サイトで購入(空席確認もこちらから出来ます)

  ↑インターネット予約会員登録はこちらのページからお願いいたします。
  ※スマートフォンからもご覧いただけるようになりました。


各ページ
◆こまつ座「父と暮せば」
公演・Facebookイベントページ

※当日は駐車場の混雑が予想されます。
  満車の際は近隣の市営・民間駐車場のご利用をお願いいたします。
  また、お越しの際は時間に余裕をみて、お早めにお出かけください。

※当センターの新型コロナウイルス感染症への対応について


----------
協賛:(株)旭東、(有)文林商会
----------


前売券好評発売中


詳細情報

開催日程 2021年6月6日(日)
開場 午後3:15
開演 午後4:00
会場 大ホール
料金 全席指定
 一般    4,000円(当日4,500円)
 友の会   3,600円(当日4,500円)
 小中高生  1,500円(当日2,000円)

※未就学児童のご入場、乳幼児のご同伴はご遠慮ください。

※新型コロナウイルス対策のため、前後左右を空けた座席配置となっております。
プレイガイド 一関文化センター   0191-21-2121 

さとう屋楽器店    0191-23-2262 
小原書店(大東町)  0191-75-3151 
コープコルザ一関   0191-26-3331 
コープ水沢アテルイ  0197-51-0088 
チケットぴあ   Pコード 505-415 ※5/27(木)まで取り扱い
ローソンチケット Lコード 21602  ※5/27(木)まで取り扱い

※4/1(木)一般発売開始 
 当センターでの発売時間は以下のとおりとなります。
 1.来  館:8時30分~
 2.電話予約:9時30分~
 3.インターネット予約:10時00分~
  ※インターネット予約は会員登録(無料)が必要です 

※友の会優先発売は3/31(水)からとなります。

ダウンロード

催し物一覧へ戻る

お問い合せ先

〒021-0884 一関市大手町2-16
TEL 0191-21-2121
FAX 0191-21-5436